銭元カン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「銭元瓘」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
文穆王 銭元瓘
呉越
第2代王
王朝 呉越
在位期間 932年5月15日 - 941年9月17日
姓・諱 銭伝瓘→銭元瓘
明宝
諡号 文穆王
廟号 世宗
生年 光啓3年11月12日
887年11月30日
没年 天福6年8月24日
941年9月17日
武粛王
昭懿夫人
后妃 恭穆夫人
恭懿夫人
仁恵夫人
魯国夫人

銭 元瓘(せん げんかん)は、十国呉越の第2代王。もとの名は伝瓘。武粛王銭鏐の七男。

生涯[編集]

天復2年(902年)、唐朝により鎮海節度使に任命された銭鏐は杭州を攻撃してきた宣州刺史の田頵から人質の提供を求められた。他の兄弟がことごとく敵陣に向かうことを拒否する中、伝瓘のみが人質となることを志願した。後に帰還した伝瓘は、成人後に呉越の軍勢を率いて各地を転戦するなどの武功を上げた。これらの活躍により、銭元璲銭元懿(銭元璹)・銭元璙らの諸兄に譲られる形で武粛王の後継者となった。

宝正7年(932年)、武粛王の薨去にともない後を継いだが、王を名乗らなかった。この時に元瓘と改名している。長興4年(933年)には後唐明宗より呉王に、翌年には呉越王に封じられている。天福2年(937年)には後唐に取って代わった後晋高祖により呉越王に封じられている。

天福6年(941年)に火災による負傷が元で薨去、享年55。翌年2月、龍山(現在の浙江省杭州市西湖区玉皇山)の南に埋葬された[1]

家族[編集]

父母[編集]

  • 祖父:銭寛
  • 祖母:趙国太玄夫人水丘氏
  • 父:武粛王銭鏐
  • 母:昭懿夫人陳氏

妻妾[編集]

  • 恭穆夫人馬氏(馬綽の娘)
  • 恭懿夫人呉氏(順徳王太后)
  • 仁恵夫人許氏
  • 魯国夫人鄜氏
  • 崔夫人、陳夫人、沈夫人、周夫人
  • 田氏(田頵の娘)

男子[編集]

  • 銭弘僎(瓊山侯)
  • 銭弘偁(銭弘儇、諡は節恵)
  • 銭弘侑(養子、本姓は孫、西安侯)
  • 銭弘侒
  • 銭弘僔(孝献世子)
  • 忠献王銭弘佐
  • 忠遜王銭弘倧
  • 銭弘偡(呉興恭義王)
  • 忠懿王銭弘俶
  • 銭弘億(奉国節度使、諡は康献)
  • 銭弘儀(開国彭城侯)
  • 銭弘偓(衢州刺史)
  • 銭弘仰(台州刺史、諡は成顕)
  • 銭弘儼(銭弘信、昭化節度使、諡は静宣)

脚注[編集]

  1. ^ 『呉越備史』巻3, 忠献王 天福七年条 「二月癸卯、敕葬先王於龍山之南原」
先代:
武粛王
呉越の第2代王
932年 - 941年
次代:
忠献王