天復 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天復(てんふく)は、中国昭宗の治世で用いられた元号。901年4月-904年閏4月,907年9月。

楊行密も、建国後に天復の年号を用いている。また、前蜀王建907年に唐が滅亡すると、簒奪を起こした朱全忠主導下で行われた天祐改元をも遡って否定して、この年を天復7年と称した。

西暦・干支との対照表[編集]

天復 元年 2年 3年 4年
西暦 901年 902年 903年 904年
干支 辛酉 壬戌 癸亥 甲子

関連項目[編集]


前の元号:
光化
中国の元号
次の元号:
天祐
前の元号:
中国の元号
十国
次の元号:
天祐