金泥・銀泥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
銀泥から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

金泥・銀泥(きんでい/こんでい・ぎんでい)とは、純粋もしくはそれに近い粉末状にして膠水が入った水)で溶かした絵具のこと。銀泥は白泥(びゃくでい)とも呼ばれる。

概要[編集]

金泥・銀泥には描線のために用いられる場合と金泥引・銀泥引と呼ばれる刷毛などによって表面を塗って用いる方法があった。奈良時代中国から伝わった技法とされ、高級な装飾にしばしば用いられた。

参考文献[編集]