鈴木辰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 辰雄(すずき たつお、1928年(昭和3年)2月22日 - 1995年(平成7年)6月10日)は、日本の銀行家。北都銀行初代頭取。

来歴・人物[編集]

秋田県秋田市出身。1988年、代表取締役会長に退いた塩田雄次の後継として、羽後銀行頭取に昇格した。

1993年4月には、北都銀行初代頭取に就任。行内融和の陣頭指揮を執ったほか、行内にバドミントンチームを作り全国レベルまで育成した。また、秋田県バドミントン協会会長となり、競技の普及にも尽力した[1]

1994年(平成6年)秋に体調を崩し、翌年5月の創業百周年記念式典には、病をおして出席。「不屈の信念と情熱をもって前進しよう」が最後の訓示となってしまった。

1995年6月10日、入院先の秋田大学医学部附属病院において慢性呼吸不全で逝去。享年67。

略歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『秋田人名大事典 第2版』 秋田魁新報社、 2000年。
  2. ^ 『日本金融名鑑 1994年版 (上)』 日本金融通信社、 1993年。