塩田雄次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩田雄次(しおた ゆうじ、1913年(大正2年)1月19日 - 1994年(平成6年)1月8日)は、日本の銀行家。北都銀行初代会長。

来歴・人物[編集]

塩田団平の次男として秋田県平鹿郡雄物川町(現:横手市)に生まれる[1]

慶大法学部卒業後、第百銀行に入行。21年あまり在籍し品川支店次長等を歴任する。

1958年(昭和33年)には、羽後銀行に転じ、その後頭取に昇格する。頭取在任時には、本店の横手市から秋田市への移転や本店新館の建設、さらにはオンラインシステムの導入、店舗網の整備等、経営の近代化を推進した。1988年(昭和63年)には代表取締役会長に退き、合併となり誕生した北都銀行会長に就任した[2]

数多くの役職も歴任し、1963年(昭和38年)からは16年間にわたり秋田県教育委員を務め、その間には教育委員長も務めたほか[3]、秋田高校同窓会第六代会長や[4]、秋田商工会議所会頭、秋田商工会議所連合会会長も歴任するも、2期目の途中に病気で辞任した[5]

1994年(平成6年)1月8日逝去。享年80。

次男として、フィデアホールディングス取締役監査委員長を務める塩田敬二がいる。

略歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『昭和人名辞典 第二巻』日本図書センター、1987年。
  2. ^ 『日本金融通信縮刷版 32版 1994年』 日本金融通信社、1995年。
  3. ^ 日外アソシエーツ編 『現代物故者辞典1994 - 1996』日外アソシエーツ、1997年。
  4. ^ “歴代同窓会会長”. 秋田県立秋田高等学校同窓会. http://akitahs-doso.jp/about/chair.html 2013年9月18日閲覧。 
  5. ^ 秋田魁新報社編 『秋田県紳士録』 秋田魁新報社、1984年。