鈴木孝博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 孝博(すずき たかひろ、1952年8月15日 - )は、日本の経営者東京都出身。慶應義塾大学商学部卒。

1975年野村證券入社、同社神戸支店を皮切りに本社企画部門、支店長職等を経て、1997年CSK(現・SCSK)へ。

2003年同社取締役常務執行役員、2008年CSKホールディングス(現・SCSK)副社長。

2010年UCOM(現・アルテリア・ネットワークス)社長。

2014年発現マネジメント代表取締役社長。

ベンチャー企業数社の社外役員等も務め、若い経営者の育成・支援に手腕を発揮している。

経験を活かしたお仕事ドラマのジャンルで著作活動や講演活動も行っている。

著書[編集]

  • 『左遷社員 池田 リーダーになる ~昨日の会社、今日の仕事、明日の自分~』2016年7月、リーブル出版、ISBN 978-4863381520
  • 『由佳の成長、それは奇跡の出会いからはじまった〜「会社のあり方」「私の生き方」〜』2018年12月、リーブル出版、ISBN 978-4863382404