鈴木和夫 (多賀城市長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 和夫(すずき かずお、1926年大正15年)3月30日[1] - 2008年平成20年)3月28日[2])は、昭和から平成時代の政治家宮城県多賀城市長。多賀城市名誉市民[2]

経歴[編集]

宮城県宮城郡多賀城村(多賀城町を経て多賀城市)に生まれる[2]仙台工業専門学校卒業[1]1963年(昭和38年)5月、多賀城町議会議員に初当選し、以来連続8期、31年3ヵ月の長きにわたり町議会議員、市議会議員を歴任した[2]1979年(昭和54年)5月から1989年(平成元年)6月までは市議会議長を務めた[2]

1994年(平成6年)8月、多賀城市長に就任し、2006年(平成18年)8月まで3期12年在職した[2]。水害対策のためのポンプ場の整備や中心市街地の整備、JR仙石線連続立体交差事業の促進などに尽力した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日外アソシエーツ 1999, 239頁.
  2. ^ a b c d e f g 名誉市民”. 多賀城市 (2018年3月12日). 2020年7月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X