金重赫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金重赫
誕生 1971年[1]
慶尚北道金泉
(現在の韓国の旗 韓国
職業 小説家
言語 韓国語
国籍 韓国
教育 啓明大学校
活動期間 2000年 -
ジャンル 小説
代表作 ペンギンニュース
デビュー作 ペンギンニュース
テンプレートを表示
金重赫
各種表記
ハングル 김중혁
漢字 金重赫
発音: キム・ジュンヒョク
英語表記: Junghyuk Kim
テンプレートを表示

金重赫 (キム・ジュンヒョク、김중혁、1971年 –)は韓国小説家である。慶尚北道金泉(キムチョン)出身。[1]

略歴[編集]

慶尚北道の金泉で生まれた。啓明大学の国文科を卒業して、ウェブデザイナー、雑誌記者などの仕事をした。2000年、「文学と社会」に「ペンギンニュース」を発表して登壇した。

「シネ21」にコラムを書いたり、「文章の音」というインターネット放送も進行するなど、多方面で活動している。小説家である金衍洙、詩人文太俊とは同じ故郷の友人である。


受賞歴[編集]

主な作品[編集]

小説集

  • 2006年、『펭귄뉴스』(ペンギンニュース)[2]
  • 2008年、『악기들의 도서관』(楽器たちの図書館)
  • 2010年、『좀비들』(ゾンビ)
  • 2012年、『1F/B1』
  • 2014年、『당신의 그림자는 월요일』(あなたの影は月曜日)

散文集

  • 2010年、『대책 없이 해피엔딩』(いつかそのうちハッピーエンド)
  • 2011年、『뭐라도 되겠지』(なんとかなるさ)
  • 2013年、『모든 게 노래』(すべてが歌)


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [:ko] 위키 김중혁。