金華糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金花糖から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

金華糖/金花糖(きんかとう)とは、煮溶かした砂糖を型に流し込み、冷やして固め、食紅で彩色した砂糖菓子である。日本では江戸時代南蛮菓子の一つである有平糖を模して作られたものとされる。当時、砂糖は貴重品であったため、江戸幕府や主君への献上品の一つであった。明治時代庶民へも広まり[1]、結婚式の引き出物や節句祝いなどに用いられる一方、昭和期には駄菓子として親しまれた。

木型には、主にサクラ材が使われ、海老[1]野菜果物七福神の形をした物が多かったが、後には、自動車オートバイ野球選手等の形の物も現れた。LEDを使って中から照明して飾りにされることもある。

現代でも、石川県金沢市長崎市などで見られる。旧加賀藩領であった金沢市や富山県西部では婚礼雛祭の時に出されることが多い。金沢の老舗和菓子店「森八」では、金華糖の木型を数百種類保存しており、最大で長さ50センチメートル、重さ2.4キログラムのものを作れる[1][2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 福のおすそわけ『日本経済新聞』朝刊2019年7月14日(NIKKEI The STYLE)9-11面。
  2. ^ 森八には、加賀藩第13代藩主前田斉泰(なりやす)への献上品となった「にらみ鯛」の金花糖の木型が最古のものとして保存・展示されている。

関連項目[編集]