金岡用兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
閑々子
1438年 - 没年不詳
生地 讃岐国
没地 不明
宗派 曹洞宗
寺院 龍文寺
洞雲寺
丈六寺
大庵須益
為宗仲心

金岡 用兼(きんこう ようけん、永享10年1月1438年) - 没年不詳)は、戦国時代曹洞宗讃岐国出身。俗姓は戸田。

生涯[編集]

讃岐国那珂郡生まれ。

文安5年(1449年)、出家し周防国にある龍文寺の大庵須益に師事する。文明5年(1479年)、師である大庵須益が示寂したため、法兄の為宗仲心に師事する。

長享元年(1487年)、厳島神社の神主であった藤原教親の開基により安芸国洞雲寺を創建。延徳年間頃(1487年 - 1491年)、阿波国三河国讃岐国の守護大名・細川成之丈六寺を修営し、用兼が招かれ開山。明応9年(1500年)、師である為宗仲心とともに越後国永平寺の伽藍再建に携わる。

永正12年11月15日1515年)、洞雲寺をあとに行脚に出て以降、行方知れずとなる。墓所は徳島県徳島市の用兼が開山した丈六寺にある。

参考文献[編集]

  • 小稿『応龍山洞雲寺開山金岡用兼禅師伝』年譜