野木京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野木京子(のぎ きょうこ、1957年11月14日[1] - )は日本の詩人

経歴[編集]

熊本県八代市に生まれる。立教大学文学部英米文学科卒業。詩誌「スーハ!」「マンドラゴラ」同人。2007年詩集『ヒムル、割れた野原』で第57回H氏賞を受賞[2]広島市に在住していた経験があり、中国新聞「中国詩壇」の選者を務める。

著書[編集]

詩集[編集]

  • 銀の惑星その水棲者たち 矢立出版 1995年7月
  • 枝と砂 思潮社 2000年10月
  • ヒムル、割れた野原 思潮社 2006年9月 - 友人を失った経験を回顧しつつ、死別と自身にも必ず訪れる死について思索した作品を集めたもの。作中でよく用いられる「川」や「水の流れ」といったキーワードは彼岸との境にある三途の川などを象徴するものと解される[3]
  • 詩集 明るい日 思潮社 2013年6月

エッセイ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.460
  2. ^ H氏賞に横浜の野木さん 現代詩人賞は東京の小長谷さん”. 朝日新聞. 2014年3月30日閲覧。
  3. ^ 西村則昭 「現代詩における言葉 : 塊の現象学の観点とジャック・ラカンの観点より」、『仁愛大学研究紀要』 (仁愛大学)41-56頁、2007年。ISSN 13477765http://ci.nii.ac.jp/naid/110006966824/ 

外部リンク[編集]

  • 石と空と海 - 本人サイト(2012年4月14日時点のアーカイブ)