酢酸オクチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
酢酸オクチル
識別情報
CAS登録番号 112-14-1
RTECS番号 AJ1400000
特性
化学式 C10H20O2
モル質量 172.27 g/mol
外観 無色液体
匂い 果実臭
密度 873 kg/m³
融点

-38 °C (235K)

沸点

211 °C (484K)

への溶解度 不溶
溶解度 アルコール、油類に可溶
屈折率 (nD) 1.418-1.421
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
2
1
0
引火点 86 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酢酸オクチル(さくさんオクチル、Octyl acetate)ないしはエタン酸オクチルはオクタノール酢酸とから生成するエステルで、フルーツ系の人工香料の基になっている。

酢酸オクチルは縮合反応により生成する。

C8H17OH + CH3COOH → C10H20O2 + H2O


安全性[編集]

動物実験での半数致死量(LD50)は、ラットへの経口投与で3g/kg、ウサギへの経皮投与で5g/kg以上[1]

註・出典[編集]

  1. ^ 『合成香料 化学と商品知識』印藤元一著 2005年増補改訂 化学工業日報社 ISBN 4-87326-460-x