酒井麻里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 麻里子(さかいまりこ、1990年12月3日 - )はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のアーティスティックスイミングの選手。清泉女学院高等学校日本大学卒。

人物[編集]

  • バレエ新体操の稽古をやった影響で、アーティスティックスイミングを始めたのは10歳[1]。2008年10月の日本代表選手選考会で予想外のトップとなる[2]世界水泳では2009年ローマ2011年北京に出場したが、共にメダルには届かなかった。
  • 2010年の広州アジア大会の出場予定だったが、体調不良のため離脱[3]。同年12月には選考会で3位となり、代表を復帰[4]
  • 2012年のロンドンオリンピックでテクニカルルーティンのメンバーとして出場したが、5位でメダルには届かなかった[5]
  • 引退後は2014年にシルク・ドゥ・ソレイユのオーディションを受け合格[1]、パフォーマーとして活躍。2017年10月には筑波大学のつくば国際スポーツアカデミー第3期生として入学、オリンピック選手出身では初めてとなる[6]。現在は研究員として勤めている[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b ぐらびてぃ
  2. ^ テレビ朝日のホームページ(スポーツ古今東西)
  3. ^ 日本経済新聞
  4. ^ スポーツニッポン(2011年1月11日)
  5. ^ 日本オリンピック委員会・ロンドンオリンピック
  6. ^ 共同通信PRWire
  7. ^ 筑波大学(2019年10月5日)