都市動物研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(本項目は、特記以外『タヌキたちのびっくり東京生活』を参考文献とする)

都市動物研究会(としどうぶつけんきゅうかい、UWI - Urban Wild-Life Institute[1])は、都市に棲息する野生動物(以下、「都市動物」と記述する)を研究するために2002年に設立された特定非営利活動法人である。都市動物と人々が共存できる方法を調査および研究し、並びに人々への啓蒙活動、都市の自然環境保全を目的として様々な活動をしている。

組織・活動[編集]

役員・スタッフ・所在地[編集]

主な活動[編集]

  • 都市動物についての調査と研究、資料収集、情報収集、およびそれらの保管。
  • 観察会の開催と講師派遣。
  • 指導者育成。
  • マスメディアへの情報および資料提供。

主な出版物[編集]

  • 定期刊行物『Urban-Wild』(季刊)- 同会会員向けの季刊誌[1]

参考文献[編集]

  • 宮本拓海しおやてるこNPO法人 都市動物研究会「執筆者略歴」『タヌキたちのびっくり東京生活 - 都市と野生動物の新しい共存』技術評論社、2008年7月25日 第1刷発行、初版。ISBN 978-4774135250
  • 特定非営利活動法人 都市動物研究会, EICネット,, http://www.eic.or.jp/org/?act=view&serial=559 2009年12月2日閲覧。 

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]