道程 (詩集)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
道程
『道程』表紙
『道程』表紙
著者 高村光太郎
発行日 1914年
発行元 抒情詩社(自費出版)
ジャンル 詩集
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

道程』(どうてい)は、大正時代詩人彫刻家高村光太郎1914年に刊行した詩集1910年から1914年にかけて『スバル』『朱欒』『白樺』『創作』などで発表された詩、小曲など76編を収める。1940年11月改定版発刊、1945年1月再改訂版発刊。改訂版では当初から40編が削除され、27編が追加されている。1940年改訂版により1941年度第一回帝国藝術院賞を受賞[1]

概要[編集]

『道程』は1906年から1909年にかけてニューヨークロンドンパリなどを遊学した高村光太郎が帰国後に発表した詩編をまとめ上げ、1914年10月15日に抒情詩社より自費出版した詩集で、大正時代の詩壇に大きな影響を与えた作品とされている[2]。制作の時系列順に収録されており、「泥七寳」を境に作風に大きな違いがみられる。前半部は怒りや絶望、焦燥などを表現したデカダンの影響を強く受けた詩が多くみられ、長沼智恵子との恋愛時期と重複する後半部は喜びや決意、祈りを表現した詩が多くみられる[2]。当時では稀な時系列順に並べられた詩集となっているが、制作背景において高村は『某月某日』のなかで、「世間の言う詩集という特殊観念に鼻もちがならず、ただ制作順に自己の詩を並べて読者に内面を見てもらおうとした」と詩編収録の意図を語っている[3]

『道程』の原稿は長期に渡り行方が不明であったが、1998年に所有者が見つかったことが報道され、2007年、山梨県立文学館にて38枚分の原稿が初めて一般公開された[4][5]

初版収録作品[編集]

『道程』制作時期(1912年ごろ)の高村光太郎

下表制作年は初版『道程』内に記載のある年月日を表記した。発表雑誌は各詩編の初出情報。

項番 タイトル 制作年 発表雑誌 備考
1 失はれたるモナ・リザ 1910年12月14日 スバル』1911年1月号
2 生けるもの 1910年 スバル』1911年1月号
3 根付の國 1910年12月16日 スバル』1911年1月号
4 書室の夜 1911年1月12日 スバル』1911年2月号
5 熊の毛皮 1911年1月15日 スバル』1911年2月号
6 人形町 1911年1月15日 スバル』1911年2月号
7 甘栗 1911年1月19日 スバル』1911年2月号
8 庭の小鳥 1911年1月19日 スバル』1911年2月号
9 亡命者 1911年2月10日 スバル』1911年3月号
10 1911年2月10日 スバル』1911年3月号
11 食後の酒 1911年2月21日 スバル』1911年3月号
12 寂寥 1911年3月13日 スバル』1911年4月号
13 1911年3月20日 スバル』1911年6月号
14 1911年3月21日 スバル』1911年6月号
15 新緑の毒素 1911年6月11日 白樺』1911年7月号
16 廢頽者より 1911年6月14日 詩歌』1911年7月号
17 『河内屋與兵衞』 1911年 スバル』1911年7月号
18 髪を洗ふ女 1911年 スバル』1911年8月号
19 『心中宵庚申』 1911年 スバル』1911年7月号
20 1911年6月13日 スバル』1911年7月号
21 なまけもの 1911年6月15日 スバル』1911年7月号
22 1911年 スバル』1911年7月号
23 金秤 1911年 スバル』1911年7月号
24 はかなごと 1911年 スバル』1911年7月号
25 めくり暦 1911年 スバル』1911年8月号
26 地上のモナ・リザ 1911年7月6日 スバル』1911年8月号
27 葛根湯 1911年7月7日 スバル』1911年8月号
28 夜半 1911年7月8日 スバル』1911年8月号
29 けもの 1911年7月8日 スバル』1911年8月号
30 あつき日 1911年 スバル』1911年8月号
31 父の顔 1911年7月12日 スバル』1911年8月号
32 泥七寳 1911年7月-翌6月 スバル』1912年8月号
33 ビフテキの皿 1911年10月15日 スバル』1911年11月号
34 青い葉が出ても 1912年6月11日 文章世界』1912年7月号
35 赤鬚さん 1912年6月11日 文章世界』1912年7月号
36 あをい雨 1912年6月21日 スバル』1912年7月号
37 友の妻 1912年7月21日 スバル』1912年8月号
38 ――に 1912年7月25日 劇と詩』1912年9月号
39 夏の夜の食慾 1912年8月10日 抒情詩』1912年10月創刊号
40 或る夜のこころ 1912年8月18日 スバル』1912年9月号
41 おそれ 1912年 スバル』1912年9月号
42 犬吠の太郎 1912年9月26日 朱欒』1912年10月号
43 さびしきみち 1912年10月8日 『第1回ヒユウザン会展覧会目録』1912年10月12日
44 カフェにて 1912年 趣味』1913年3月号 項番47,53,57とは別詩
45 梟の族 1912年10月20日 詩歌』1912年11月号
46 冬が來る 1912年10月23日 朱欒』1912年11月号
47 カフェにて 1912年 趣味』1913年3月号 項番44,53,57とは別詩
48 或る夜 1912年10月23日 朱欒』1912年11月号
49 1912年10月25日 抒情詩』1912年11月号
50 狂者の詩 1912年11月21日 白樺』1912年12月号
51 郊外の人に 1912年11月25日 朱欒』1912年12月号
52 冬の朝のめざめ 1912年11月30日 朱欒』1912年12月号
53 カフェにて 1912年 趣味』1913年3月号 項番44,47,57とは別詩
54 師走十日 1912年12月11日 詩歌』1913年1月号
55 戦闘 1912年12月14日 文章世界』1912年1月号
56 人に 1913年2月18日 新文林』1913年3月号
57 カフェにて 1913年 趣味』1913年3月号 項番44,47,53とは別詩
58 深夜の雪 1913年2月19日 詩歌』1913年3月号
59 人類の泉 1913年3月15日 詩歌』1913年6月号
60 1913年11月4日 文章世界』1913年12月号
61 よろこびを告ぐ 1913年12月5日 詩歌』1914年1月号
62 現實 1913年 我等』1914年1月創刊号
63 冬が來た 1913年12月5日 我等』1914年1月創刊号
64 冬の詩 1913年12月6日 創作』1914年3月号
65 1913年12月7日 我等』1914年1月号
66 僕等 1913年12月9日 我等』1914年1月号
67 道程 1914年2月9日 美の廃墟』1914年3月号 初出は全102行の長詩
68 愛の嘆美 1914年2月12日 創造』1914年3月号
69 群集に 1914年2月16日 我等』1914年3月号
70 婚姻の榮誦 1914年3月6日 文章世界』1914年4月号
71 萬物と共に踊る 1914年3月9日 女子文壇』1914年4月号
72 瀕死の人に與ふ 1914年3月14日 我等』1914年3月号
73 晩餐 1914年4月25日 我等』1914年5月号
74 五月の土壌 1914年5月16日 詩歌』1914年6月号
75 淫心 1914年8月27日 我等』1914年9月号
76 秋の祈 1914年10月8日 書き下ろし

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本藝術院賞受賞者一覧
  2. ^ a b コトバンク:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 道程とは
  3. ^ 高村光太郎著『某月某日』(国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ 朝日新聞:コミミ口コミ 高村光太郎「道程」の原稿、全国初公開(2007年5月5日)
  5. ^ 山梨県立文学館: 企画展 高村光太郎 いのちと愛の軌跡2007年4月28日-6月24日

外部リンク[編集]

  • 道程 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 飛高隆夫「高村光太郎『道程』を読む(一)」『大妻女子大学紀要. 文系』第33巻、大妻女子大学、2001年3月、 123-134頁、 ISSN 09167692, , , , , , ,