軟マンガン鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軟マンガン鉱
軟マンガン鉱
分類 酸化鉱物
化学式 MnO2
結晶系 正方晶系
へき開 二方向に完全
モース硬度 2 - 6
光沢 金属光沢
黒色
条痕 黒色
比重 5.0
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

軟マンガン鉱[1](なんまんがんこう、pyrolusite、パイロルース鉱[2])は、二酸化マンガン鉱物のひとつ。正方晶系の結晶であり、組成式はMnO2で表される。同様の化学組成式で表される鉱物にはラムスデル鉱があり、同様の結晶構造で表される鉱物にはルチル(TiO2)、錫石(SnO2)がある。名は古来、ガラスの着色に使用された事より、ギリシャ語を表す「pyr」に由来する。灰色の柔らかい鉱物である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文部省学術奨励審議会学術用語分科審議会編 『学術用語集 採鉱ヤ金学編』 日本鉱業会、1954年。(J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]