趙興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
哀王 趙興
南越
第4代王
王朝 南越
在位期間 前115年 - 前112年
姓・諱 趙興
諡号 哀王
生年 不詳
没年 元鼎5年(前112年
明王
樛氏

趙 興(ちょう こう、ベトナム語: Triệu Hưng)は、南越の第4代王。

生涯[編集]

明王趙嬰斉の次男として生まれた。母は邯鄲樛氏。元鼎2年(紀元前115年)に父王が薨去すると、南越王として即位した。母の樛氏を太后に立てた。前漢は哀王の入朝を促すため、太后の元愛人の安国少季を使者として派遣した。太后は再び安国少季と通じるようになり、哀王に入朝を勧めた。相の呂嘉はたびたび哀王を諫めたが、聞き入れなかった。太后は呂嘉の反乱を恐れて、処刑の口実を作るため宴席を設けた。呂嘉は気配を察して虎口を逃れ、大臣たちと反乱を相談した。

韓千秋樛楽は漢の武帝の命を受けて兵2000人を率いておもむき、呂嘉の殺害を謀った。呂嘉はついに兵を起こして哀王と太后・安国少季を殺し、哀王の庶兄の趙建徳を擁立した。

参考文献[編集]

先代:
明王
南越の第4代
前115年 - 前112年
次代:
術陽王