赤き月の廻るころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤き月の廻るころ
ジャンル ファンタジー
小説
著者 岐川新
イラスト 凪かすみ
出版社 角川書店
レーベル 角川ビーンズ文庫
刊行期間 2009年4月 - 2011年12月
巻数 全8巻+短編集1巻
漫画
原作・原案など 岐川新
作画 音中さわき
出版社 角川書店
掲載誌 月刊Asuka
レーベル あすかコミックスDX
発表号 2010年9月号 - 2011年7月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート

赤き月の廻るころ』(あかきつきのめぐるころ)は、岐川新著、凪かすみ挿絵の日本のシリーズ小説角川ビーンズ文庫から発売されている。

内容[編集]

架空の国、ロクソンの隣国、ブロウでの不穏な動きを知り、ロクソン王はスパイを送ることを決意する。白羽の羽が立ったのは、妾腹で不思議な力を持つ第二王女、レウリアだった。南の隣国ツァーリアの公爵令嬢付きの侍女としてブロウに潜入し、調査を進めるレウリアは、城内に蔓延する病に苦しむ人々を放っておけず、密かに奔走する。だがそれを、ブロウの第二王子、ジェラールに怪しまれ、正体がばれてしまう。ブロウはロクソンに、レウリアとジェラールの結婚かレウリアの処刑かという、究極の選択を突きつけてきて――。

登場人物[編集]

ロクソン[編集]

ブロウ以外の国々との国境は、険しい山脈。ブロウとは長年戦争が続いていた。国王はケレウス。国内で飼育が盛んな羊から良質の毛が取れ、そのため織物や染色が発達。古の神を崇めているので、魔術は異端とされている。

レウリア
主人公。ロクソン第二王女。ロクソン王の父ケレウスと、隣国ツァーリアの騎士の娘である母ナシュハの娘。母が魔術師だったため、不思議な力を受け継ぐ。16歳。兄妹に、王妃の子である兄のロラウドとアルセイ、側室の子である姉のメラリク、妹のミザレアがいる。
幼少時に不思議な力を使い、奇妙な出来事が相次いだため次々と侍女が辞め、城下に魔性の王女とささやかれるようになってしまう。そのため、王妃や廷臣の意向で公の場に姿を見せない。
成長してから自らの力が忌み嫌われるものと知り、アルセイに倣って始めた勉学や剣に打ち込む。その知識と不思議な力を買われ、ロラウドからブロウ行きを命じられる。
色素の薄い金褐色の髪に、紺色の瞳の少女。ブロウに潜入する際、ロラウドから贈られた染料で、髪をツァーリアに多い黒褐色に染めた。
ブロウでの名はレウェア。これは本名をツァーリア風に読み変えたもの。ブロウの年の離れた王弟に嫁ぐ公爵令嬢、イリーシャの侍女として潜入した。
たとえ敵国とはいえ、苦しむ人々を助けたいと願うほど芯が強い。病に倒れたイリーシャのため、ただ一つの薬の元となる草、タイアスを探しに行くほど。
グレイグ
アルセイの乳母子。レウリアが生まれたころから仕えている。最初は亡くなった妹の代わりのように思っていたが、のちにレウリアに心から尽くす。
レウリアのブロウ行きにも同行し、馬の世話係グレインとして潜入する。
アルセイ
ロクソン第二王子。王妃の第二子。レウリアの兄で、グレイグとは乳兄弟。
ロラウド
ロクソン第一王子。王妃の第一子。アルセイの兄。王太子であるため、非常に厳しい。
レウリアがアルセイについて歩いたり、剣術や勉学にはげむことについて、父の容認があってもなお渋い顔だった。
ミザレア
レウリアと同い年の異母妹。母は側室プレメア。すでに嫁いだ第一王女メラリクとは、同母姉妹。茶髪に瑠璃色の瞳の少女で、レウリア曰く美人で賢い。
姉であるレウリアをかなり嫌っており、異母姉になり替わり自分がジェラールの妃になろうとしている。
レウリアがブロウに潜入し正体が知れた際、ロラウドが「この国の王女はふたり」と言ったため、自分が第二王女だと言っている。

ブロウ[編集]

ロクソンと唯一国境が接する国。国土の十分の一が永久凍土で、そのため肥沃なロクソンを狙い幾度も戦争がおこった。国王はシリス。伝統的に、長子が施政をつかさどり、次子が軍を統率することになっている。昔から、鉱物の産地として有名で、その一つの鉄鉱石から作られる鋼は高価で取引される。

ジェラール
ブロウ第二王子。ブロウ王の父シリスと、何代か前に海を越えて渡ってきた貴族の娘である母リオーラの息子。正式には「ジェラール=クリソール・トルリアン」。兄妹に正妃アクネアの子である兄、エリク王太子、弟リシール、妹セレーナが、父の異母弟に叔父のアレク、クラウス、その妻イリーシャがいる。赤褐色の髪は、母親譲り。
国王の第二子であるため、現在は父の弟アレクの元で軍の副司令官を務める。
1年前17歳になったのを機に、見聞を広めるという名目で国中を回った。そのさい国境付近でロクソンの離宮が完成したと聞き、その竣工式典にもぐりこんだことがある。
エリク
ブロウ第一王子。正妃アクネアの第一子。弟にジェラールとリシール、妹にセレーナがいる。ブロウに多い、鉛色の髪と鮮やかな紫の瞳をもつ。
南方の国、グリスバルから魔術師を雇う。賢王と評される父の穏健なやり方を生ぬるく思っている。
リシール
ブロウ第三王子。正妃アクネアの第三子。兄にエリク、ジェラール、妹にセレーナがいる。輝く銀髪に冴えた薄緑の双眸を持った少年。今年15歳になる。将来は叔父のクラウスを継ぎ、外交に携わる予定。
昨年14歳にしてグリスバルへ遊学し、春先に戻ったばかり。容姿や温和な性質は父譲り、物おじしない人当たりの良さから、城内のだれもから好かれている。貴族の支持も高く、エリクに万一のことがあれば、次の王太子はリシールと目される。
アレク
ブロウ王の異母弟、先王の第二妃の子でクラウスの兄。ジェラールの上で軍を統率している。第二妃の子であるジェラールを、クラウスとともに気にかけている。
クラウス
ブロウ王の異母弟、アレクと同じく第二妃の子。外交で年の半分は外国へ出向く。そのため領地をもたず城内の西翼で妻と暮らす。ツァーリアへ赴いた際、互いの一目惚れでイリーシャとであった。
イリーシャ
クラウスの妻。ツァーリアの公爵令嬢。前ツァーリア国王の王女の娘で、現王の姪にあたる。

ツァーリア[編集]

レウリアの母ナシュハや、クラウスの妻イリーシャの生国。神秘の国と呼ばれる。いまだに古い神々を奉り、巫女が国を守ると伝えられる。ただ親交の深いロクソンですら実情をよく知らない。

リジン
ツァーリア王太子。
実際は王太子ではないが、神のお告げによりロシュアと入れ替わった。
ロシュア
リジンの副官。
実は本物の王太子だが、出生時のお告げによりリジンと入れ替わった。

既刊[編集]

  1. 赤き月の廻るころ 紅蓮の王子と囚われの花嫁 ISBN 978-4-04-454701-1 (2009年04月01日発売)
  2. 赤き月の廻るころ 二人の求婚者 ISBN 978-4-04-454702-8 (2009年08月01日発売)
  3. 赤き月の廻るころ 異国の騎士は姫君を奪う ISBN 978-4-04-454703-5 (2009年12月01日発売)
  4. 赤き月の廻るころ なくした記憶のかけら ISBN 978-4-04-454704-2 (2010年03月01日発売)
  5. 赤き月の廻るころ もう一人の花嫁候補 ISBN 978-4-04-454705-9 (2010年07月01日発売)
  6. 赤き月の廻るころ 蜜色の約束 ISBN 978-4-04-454706-6 (2010年10月01日発売)
  7. 赤き月の廻るころ 奪われた王位 ISBN 978-4-04-454707-3 (2011年02月01日発売)
  8. 赤き月の廻るころ 二人きりの婚礼 ISBN 978-4-04-454708-0 (2011年07月01日発売)
  9. 赤き月の廻るころ 祝福の花嫁 ISBN 978-4-04-454710-3(2011年12月28日発売)

ザ・ビーンズVOL.13より短編が連載され、短編集「祝福の花嫁」に収録されている。

他に、3巻から購入特典として描きおろしペーパーが初回限定で付属したり、完結カウントダウン企画として2011年7月から特設サイトからWEB小説が配信された。

漫画[編集]

音中さわき作画・月刊Asuka連載、2010年9月号から2011年7月号まで連載された。内容は現代日本の歌舞伎界に置き換えたもの。

  1. 赤き月の廻るころ 第1巻 ISBN 978-4-04-854578-5 (2011年01月26日発売)
  2. 赤き月の廻るころ 第2巻 ISBN 978-4-04-854642-3 (2011年07月26日発売)

外部リンク[編集]