豊原周里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊原 周里(とよはら ちかさと、生没年不詳)とは、江戸時代から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

豊原国周の門人。本姓は降幡、名は敬次。豊原の画姓を称し一鷲斎、一春斎と号す。中橋上槇町に住む。作画期は元治から明治20年代の頃にかけてで、当時の風俗を描いた錦絵玩具絵を残している。

作品[編集]

参考文献[編集]