豊原周義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊原 周義(とよはら ちかよし、生没年不詳)は、明治時代の女性浮世絵師

来歴[編集]

豊原国周の門人。本名は鈴木サト。豊原を称して明治10年代に活躍している。明治11年(1878年)には築地三丁目八丁目に住んでおり、翌明治12年(1879年)には谷中清水町に住んだ。主に女性らしい筆使いの風俗画役者絵を描いている。同門に楊洲周延湯川周麿らがいた。

作品[編集]

  • 「柱かけづくし」 大判揃物かとみられる
  • 「天覧栄七曲合」 大判 明治11年 築地三丁目八番地とあり
  • 「仮名手本忠臣蔵」 大判 明治11年
  • 「天覧栄之舞振」 大判3枚続 明治13年
  • 「中村宗十郎の大星由良之助」 大判

参考図書[編集]