諸橋廷蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

諸橋 廷蔵(もろはし ていぞう、1932年(昭和7年)[1][2]7月28日 - 2003年(平成15年)2月24日)は、福島県出身の日本実業家ゼビオホールディングスの創業者。ゼビオホールディングス代表取締役社長の諸橋友良は娘婿。

略歴[編集]

福島県にて出生。明治大学商学部卒業後の1962年、いわき市に紳士服小売業サンキョウ(現ゼビオホールディングス)を創業。大型スポーツ店を中心に全国に100店舗以上を展開。子会社には、ゴルフパートナーヴィクトリアなど。一代で、東証1部上場を果たした。また、上場益により、世界的なサルバドール・ダリのコレクションで知られる諸橋近代美術館を設立した。

親族[編集]

諸橋友良ゼビオホールディングス代表取締役社長は娘婿[3]

脚注[編集]

  1. ^ 諸橋近代美術館 施設概要
  2. ^ 1934年とする資料もある(日立ソリューションズ東日本など)。
  3. ^ コロナの逆風でも観光・レジャーで活躍する後継ぎ社長を紹介2020.09.13

参考文献[編集]

  • 『プレジデント 第31巻 第9~12号』(プレジデント社 1993)

関連リンク[編集]