読谷山焼 北窯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

読谷山焼 北窯(よみたんざんやき きたがま)は、沖縄県中頭郡読谷村座喜味のやちむんの里[1]にある窯元。

概要[編集]

1992年、沖縄県中頭郡読谷村座喜味 やちむんの里[2]内に開窯。松田米司、松田共司[3]、宮城正享、與那原正守の4名の親方による共同主宰窯で[4]13連房の登り窯を年5回焚き上げる。4名がそれぞれ独立した工房で、親方中心に日本全国から集まる若い弟子達と共に作陶する。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ やちむんの里”. 読谷村. 2015年11月17日閲覧。
  2. ^ やちむんの里”. 読谷村. 2015年11月14日閲覧。
  3. ^ 国画会工藝部新会員”. 国画会工藝部. 2015年11月14日閲覧。
  4. ^ 『やちむん』の花咲かせる平和の煙「読谷山窯と北窯」”. 朝日新聞デジタル (2014年8月1日). 2015年11月15日閲覧。
  5. ^ 伝統の登り窯20年 読谷山「北窯」あすまで陶器市”. 琉球新報 (2012年12月15日). 2015年11月15日閲覧。
  6. ^ 岡山県民藝協会ホームページ”. 岡山県民藝協会. 2015年11月13日閲覧。
  7. ^ 各課紹介:文化振興課:【 読谷村立美術館 】 について”. 読谷村 (2015年7月7日). 2015年11月13日閲覧。
  8. ^ 読谷北窯、倉敷民藝館賞を受賞 本州以外初”. 琉球新報. 2015年11月14日閲覧。
  9. ^ 沖縄の焼き物「やちむん」の秘密に迫る”. 沖縄科学技術大学院大学. 2015年11月14日閲覧。
  10. ^ あめつちの日々公式ウェブサイト”. あめつちの日々. 2015年11月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]