診療放射線技師法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
診療放射線技師法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 RT法
法令番号 昭和26年法律第226号
効力 現行法
種類 医事法
主な内容 診療放射線技師の資格を法定
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

診療放射線技師法(しんりょうほうしゃせんぎしほう;昭和26年法律第226号)とは、診療放射線技師全般の職務・資格などに関して規定した、日本法律である。

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)6月11日 - 「診療エックス線技師法」[注釈 1]として公布、同年8月10日施行。
  • 1968年(昭和43年)9月20日 - 「診療放射線技師及び診療エックス線技師法」に題名改正。診療放射線技師の区分が新設される。
  • 1984年(昭和59年)10月1日 - 「診療放射線技師法」に題名改正。診療エックス線技師の区分が廃止される。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公布当時の官報表記は大きい「ツ」だが現在の慣例により小さいほうに置き換えて表記した。以下同じ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]