計算知能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

計算知能(Computational Intelligence, CI)は人工知能研究の一分野であり、数理論理学に基づく従来的な人工知能とは一線を画すものである。計算知能の研究は、ファジィシステムニューラルネットワーク進化的計算といったヒューリスティック的アルゴリズムを中心とする。その他にも、群知能フラクタルカオス理論人工免疫系ウェーブレットといった技法も利用する。

計算知能の研究では、学習や適応や進化やファジィ論理(ラフ集合)といった要素を駆使して、ある意味で知的なプログラムを作成することを目指している。計算知能の研究では、統計的手法を拒絶するものではなく、しばしば相補的な考え方を提供することもある(例えば、ファジィシステム)。ニューラルネットワーク研究は計算知能研究の一部であり、機械学習と密接に関連している。

計算知能はソフトコンピューティング、みすぼらしい(scruffy)AI、コネクショニズムのシステム、およびサイバネティックスと密接に関連している。

Computational Intelligence Society[編集]

IEEE Computational Intelligence Society は、2004年にできた(Neural Network Society から改称)新しい学会であり、IEEEの中でも最も成長が著しい学会である。IEEE Computational Intelligence Society によって定義された計算知能の主要テーマは以下の通りである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ゆるやかに関連する項目:

外部リンク[編集]