視線恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

視線恐怖症(しせんきょうふしょう)とは、視線に関連して発生する、不安要素、不安要因及び、不安症状のことを指す。正式な診断名ではない。

分類[編集]

主に、以下の4つにわけることが出来る。

自己視線恐怖症
自分の視線が相手(第三者)に対して、不快感を与えるのではないか、と考える症状である。これは対人恐怖症の範疇である[1]
他者視線恐怖症
人の視線を極度に恐れる症状である。
正視恐怖症
人と距離が近いときに、目を合わせることに恐怖を抱く症状である。
脇見恐怖症
視界に人が入ってくるだけで、その人に対して、何かしらの信号のようなものを送っていると考える症状である。

特定の対象や状況を恐れる場合には特定の恐怖症である。

文化依存症候群として[編集]

日本の文化依存症候群という[2]。集団に対する協調性が重視される傾向、自己主張より周囲に合わせる傾向、他人の目を気にする意識、によるものとされる[3]

出典[編集]

  1. ^ 笠原敏鉾「Social Phobiaは社交恐怖か?」 (pdf) 、『精神神経雑誌』第112巻第7号、2010年、 644-649頁、 NAID 10028059087
  2. ^ 祖父江孝男 『文化人類学入門』増補改訂版、中央公論新社〈中公新書〉、1990年。(原著1979年12月)ISBN 4121905601。192-193頁。
  3. ^ 祖父江孝男 編『日本人はどう変わったのか 戦後から現代へ』 初版、<NHKブックス>、日本放送出版協会、1987年。ISBN 4-14-001535-7。218頁。

関連項目[編集]