視線恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

視線恐怖症(しせんきょうふしょう)とは、視線に関連して発生する、不安要素、不安要因及び、不安症状のことを指す。正式な診断名ではない。

分類[編集]

主に、以下の4つにわけることが出来る。

自己視線恐怖症
自分の視線が相手(第三者)に対して、不快感を与えるのではないか、と考える症状である。これは対人恐怖症の範疇である[1]
他者視線恐怖症
人の視線を極度に恐れる症状である。
正視恐怖症
人と距離が近いときに、目を合わせることに恐怖を抱く症状である。
脇見恐怖症
視界に人が入ってくるだけで、その人に対して、何かしらの信号のようなものを送っていると考える症状である。

特定の対象や状況を恐れる場合には特定の恐怖症である。

文化依存症候群として[編集]

日本の文化依存症候群という[2]。集団に対する協調性が重視される傾向、自己主張より周囲に合わせる傾向、他人の目を気にする意識、によるものとされる[3]

治療[編集]

生月・田上 (2003) において、自己視線恐怖症の患者は自己の視線に関して独特の認知を持っており、その認知を改善するための事実に基づく自己教示訓練が効果的であることが示されている[4]。これは、他者視線恐怖症・正視恐怖症・脇見恐怖症にも当てはまるものと思われる。事実に基づく自己教示の例としては、以下のものがある。

「相手は、自身に関連する物事(予定や対人関係など)についての思索を巡らせており、自身の目的達成(目的地への到着や商品の購入、情報収集など)に集中している。したがって相手は、他者(自分)のこと、まして他者(自分)からの視線などの些細なことは、全く気にしていないうえ、すぐに忘れる。そのため、不快感を与えることはありえないのだから、相手を見ても全然大丈夫である。気楽に考えよう。また、実際には相手は他者(自分)からの視線などの些細なことは気にしていないうえすぐに忘れるので不快感を与えることはありえない(これが紛れもない事実)と分かっているが、どうしても自分の視線を気にしてしまうときには、周辺視(周囲の物や自然・風景、顔や体の周辺などを、気楽にぼんやりと見ること)をしながら行動すれば良いと考えてみよう(自己視線恐怖症の場合)(生月・田上,2003)。」

「相手は、ぶつからないように前を向いて歩く過程で、もしくは歩いている(その他の行動をしている)他者が知り合いかどうかを把握する過程で、たまに他者(自分)を見ることがあるが、その他者(自分)が見ず知らずの人だった場合は気にもしないしすぐに忘れる。また、人は、基本的に見ず知らずの人たちのことは気にもしていないため、多くの場合相手は他者(自分)を見ていない。たとえ相手が自分を見ているのではないかと感じるときがあっても、相手には他者(自分)がただ無意識的に見えているだけである。これらのことから、相手の視線など気にしなくて大丈夫(他者視線恐怖症の場合)(生月・田上,2003)。」

「人々はしばしば、会話をするときに目を見るように教えられる。そのため、自分が正視しても相手は何も不快にならないし、相手も善意で目を見て話したり聞いたりしてくれている。ゆえに、自分の正視や相手の正視を恐れなくて大丈夫。また、特に恐怖感はないが正視したくてもできない場合は、目の周辺(眉毛や鼻、額や口、頬など)を見るようにすれば良い。さらに、そもそも相手は正視されているか否かなどの些細なことは気にしておらず(重要なのは会話の中身と表情である)、そのような些細なことはすぐに忘れる。したがって、正視できなくても自分を責めなくて大丈夫(正視恐怖症の場合)(生月・田上,2003)。」

「自分が周りの人たちを見ることがあっても、周りの人たちは上述のように自身に関連する物事についての思索を巡らせたり自身の目的達成に集中したりしているため、他者(自分)からの視線などの些細なことは全く気にしていないうえ(そもそも他者からの視線に気づいていない場合が大多数を占める)、すぐに忘れる。したがって、周りの人たちを見ることがあっても自分を責めないようにしよう。それと同時に、周りの人たちを見るだけでは人間関係の形成もできないうえ、自分自身のこと・やっていることに集中したほうが効率も上がるから、自分のこと・やっていることに集中して気楽に過ごそう(脇見恐怖症の場合)(生月・田上,2003)。」

また、視線恐怖症は恐怖症の一種であるため、この他の認知行動療法(とりわけ、曝露反応妨害法や、相手(周りの人たち)が他者(自分)のこと(まして視線などの些細なこと)を気にもしていないうえすぐに忘れるということなどを実際に知るための行動実験)・薬物療法も効果があると考えられる。

出典[編集]

  1. ^ 笠原敏鉾「Social Phobiaは社交恐怖か?」 (pdf) 、『精神神経雑誌』第112巻第7号、2010年、 644-649頁、 NAID 10028059087
  2. ^ 祖父江孝男 『文化人類学入門』増補改訂版、中央公論新社〈中公新書〉、1990年。(原著1979年12月)ISBN 4121905601。192-193頁。
  3. ^ 祖父江孝男 編『日本人はどう変わったのか 戦後から現代へ』 初版、<NHKブックス>、日本放送出版協会、1987年。ISBN 4-14-001535-7。218頁。
  4. ^ 生月 誠・田上不二夫 (2003).視線恐怖の治療メカニズム.教育心理学研究,51,425-430.

関連項目[編集]