褐色脂肪組織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PET/CT検査での女性の褐色脂肪組織
褐色細胞から発生した良性腫瘍である褐色脂肪腫の顕微鏡写真 H&E染色.

褐色脂肪組織(かっしょくしぼうそしき、:Brown adipose tissue、BAT)または褐色脂肪は哺乳類で見つかった2つのタイプの脂肪または脂肪組織の1つである。もう1つのタイプは白色脂肪組織である。

褐色脂肪組織は、新生児冬眠動物では特に豊富である[1]。その主な機能は、動物や新生児が体を震わせないで体の熱を生成することである。単一の脂肪滴が含まれている白色脂肪細胞とは対照的に、褐色脂肪細胞は、を含んでおり、それが茶色を呈し、多数の小さな液滴とはるかに多い数のミトコンドリアが含まれている[2]。褐色脂肪組織はほとんどの組織よりも多くの酸素を必要とするため、褐色脂肪組織はまた、白色脂肪組織よりも多くの毛細血管が集まっている。

ノルアドレナリンが褐色脂肪細胞上のβ3受容体に結合すると、UCP1(脱共役タンパク質)が生成され、ミトコンドリアで脱共役が起こり熱が産生される。動物の冬眠時に良く見られる運動に伴わない熱産生の手段である。日本人を含めた黄色人種ではβ3受容体の遺伝子に遺伝変異が起こっていることが多く、熱を産生することが少ない反面、カロリーを節約し消費しにくいことから、この変異した遺伝子を節約遺伝子と呼ぶことがある[3]

脚注[編集]

  1. ^ Gesta S, Tseng YH, Kahn CR (October 2007). “Developmental origin of fat: tracking obesity to its source”. Cell 131 (2): 242–56. doi:10.1016/j.cell.2007.10.004. PMID 17956727. 
  2. ^ Enerbäck S (2009). “The origins of brown adipose tissue”. N Engl J Med 360 (19): 2021–2023. doi:10.1056/NEJMcibr0809610. PMID 19420373. http://content.nejm.org/cgi/content/full/360/19/2021. 
  3. ^ 鎌田勝雄脂肪細胞とインスリン抵抗性 (星薬科大学オープン・リサーチ)

外部リンク[編集]

  • Histology image: 04901lob — Histology Learning System at Boston University - "Connective Tissue: multilocular (brown) adipocytes"

関連項目[編集]