行動理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行動理論(こうどうりろん)は、学習理論に基づく。不適切な状態を維持・悪化させてしまうシステムができた理由は不適切な学習(または未学習)であるとし、それらを改善するために別の内容を学習しようとする療法全般をさす。

行動理論にも多数派閥があるが、どれだけ行動理論に忠実かによって右翼として「行動分析」があり、左翼として「認知療法」がある。近年理論よりも、実践上の効果であるエビデンスがもてはやされるようになってきている。そのこと自体は行動理論の持つイデオロギーと合致する。すなわち行動理論においては、実験・観察し、データを取り、フィードバックを受け、メタ認知を形成するという科学類似風のスタンスによって成り立っている。治療においても対象者にそのような課題を出し認知や行動の改善を図っている。