行円法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

行円法親王(ぎょうえんほっしんのう、生没年不詳)は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての法親王。父は亀山天皇。母は平時仲の娘帥典侍。

京都の青蓮院に入り、良助法親王の門に入る。実兄の慈道法親王の後を受けて青蓮院門跡を継ぎ、十楽院に住した。