血の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

血の掟(ちのおきて、:Omertà)とは、シチリアマフィアにおける約定。沈黙の掟[1]オメルタの掟などとも言う。マフィアのメンバーになるための誓いをするとき、互いの親指に針を刺しを出して、それを重ね血が交わることで一族に加わったとする儀式を行うことからこの名が付いた。俗にマフィアの十戒とも呼ばれる。

概要[編集]

シチリアマフィアのメンバーは、いかなることがあっても組織の秘密を守ることが求められ、メンバーになるときこれを誓約する。これに反して秘密を暴露した場合は激しい制裁が加えられる(突然行方不明になり、拷問を受けた跡があり口には小石が詰められた惨殺体でのちに発見されるお礼参りの例が多数ある。沈黙を要求する相手には、暗喩として新聞紙に包んだ生魚を匿名で送りつけ、または手先を使って直接玄関に置き去る。これを防ぐためにアメリカでは証人保護プログラムが存在する)。また、この掟はメンバー内に限らず一般住民にも求められ、観光客がマフィアについて尋ねたとしても一切答えないことがある。

下記に述べる詳細については元メンバーの証言などにより大体判明していたが、シチリアのサルヴァトーレ・ロ・ピッコロが自宅に残していた文書が2007年の彼の逮捕に伴い公にされたことで、正しかったことが証明された。

マフィアとコーサ・ノストラはオメルタの有無で大別される。オメルタはマフィアの掟でありオメルタの無い勢力はコーサ・ノストラ

詳細・各条項[編集]

  1. 第三者が同席する場合を除いて、独りで他組織のメンバーと会ってはいけない。
  2. ファミリーの仲間の妻に手を出してはいけない。
  3. 警察関係者と交友関係を築いてはいけない。
  4. バーや社交クラブに入り浸ってはいけない。
  5. コーサ・ノストラにはどんな時でも働けるよう準備をしておかなくてはならない。それが妻が出産している時であっても、ファミリーのためには働かなければならない。
  6. 約束は絶対的に遵守しなければならない。
  7. 妻を尊重しなければならない。
  8. 何かを知るために呼ばれたときは、必ず真実を語らなくてはならない。
  9. ファミリーの仲間、およびその家族の金を横取りしてはならない。
  10. 警察、軍関係の親戚が近くにいる者、ファミリーに対して感情的に背信を抱く者、素行の極端に悪い者、道徳心を持てない者は、兄弟の契りを交わさないものとする。

関連項目[編集]

血の掟を破ったマフィア構成員

イタリアではペンティートPentito、“後悔した者”の意)と呼ばれる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 暴力団ミニ講座>23) マフィア松江地区建設業暴力追放対策協議会公式サイト