虎城山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
虎城山城
和歌山県
城郭構造 山城
築城主 高河原貞盛
築城年 1581年
主な改修者 高河原氏
主な城主 高河原氏
廃城年 1600年
遺構 曲輪
指定文化財 なし
位置 北緯33度30分56.5秒
東経135度49分44.7秒

虎城山城(こじょうやまじょう)は、紀伊国(現・和歌山県東牟婁郡串本町古座)にあった日本の城。別名は古座浦城。

概要[編集]

1581年天正9年)、高河原貞盛が虎城山に築城した。

貞盛の子家盛が創建したと言われる青原寺の裏山に当たり、寺を建てる際に城の一部を用いたとされる。1600年慶長5年)の関ヶ原の戦いで家盛が西軍に属したため、改易となり、城も廃城となったが家盛の子孫が城跡に代々住居を構えていたという。

城は山城で、土塁がわずかに残っている。

関連項目[編集]