虎丸城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
虎丸城
香川県
城郭構造 山城
築城主 寒川氏
築城年 不明
主な城主 寒川氏安富氏十河存保
廃城年 天正12年(1584年)?
遺構 曲輪
指定文化財 未指定[1]
位置
地図
虎丸城の位置(香川県内)
虎丸城
虎丸城

虎丸城(とらまるじょう)は、香川県東かがわ市水主、与田山の虎丸山にあった日本の城

歴史[編集]

築城年は不明であるが、寅年に築城されたためこの名を付けたとの説がある。元亀元年(1570年)、寒川元政の代に安富盛定に奪われた。

天正10年(1582年)8月、中富川の戦い長宗我部元親に敗れた十河存保は虎丸城に逃れた。天正12年(1584年)6月には十河城が落とされた際、一説によれば、虎丸城も陥落し、存保は大坂の羽柴秀吉(豊臣秀吉)を頼って落ち延びたというが、別の説では存保は虎丸城に拠って抗戦を続けたという(四国征伐#四国統一は完成したか)。

脚注[編集]

  1. ^ 「文化財」東かがわ市公式HP

関連項目[編集]