藤甲軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三国志演義 > 藤甲軍

藤甲軍(とうこうぐん)は、『三国志演義』第九十回に登場する軍隊。南蛮の地にある烏戈国の王、兀突骨(ごつとつこつ)配下の戦闘部隊である。

背景[編集]

諸葛亮孔明の率いる軍の南蛮征伐で、六度捕虜にされて六度釈放された南蛮王・孟獲は、帯来洞主の薦めで烏戈国に逃亡し、王である兀突骨を頼り、孔明に最後の七回目の戦いを挑もうとした。兀突骨は配下に「藤甲軍」と呼ばれる勇猛な部隊を従えており、自信満々で孟獲に力を貸すことにした。

藤甲軍とは、藤のつるで編んだ鎧を身につけた精鋭部隊である。この鎧に使われるはこの国の山中の絶壁に育つもので、この蔓を採って油に半年漬けたのち取り出して陽にさらし、乾くとまた漬ける。これを十回あまり繰り返したものを編んで鎧にする。これが藤甲である。軽量で水にも強く、この藤甲を着た兵士は、刀も矢も受け付けぬと言う。

兀突骨は藤甲軍三万を率いて出陣、緒戦で蜀軍を大いに打ち破る。諸葛亮は計略を案じ、偽の退却を演じて藤甲軍を狭い盤蛇谷の底に誘いこみ、密集した藤甲兵に地雷火で火攻めを仕掛けた。油の浸みこんだ藤蔓の鎧は火でたちまち激しく炎上し、次から次に燃え移って、兀突骨と三万の藤甲兵は一兵残らず谷底で焼死してしまった。谷の上から見下ろしていた孔明は、谷底の凄惨な光景と人肉の焼ける臭気に思わず顔を覆い「何とむごいことか。自分の寿命は、この罪で必ずや長くはないであろう」と嘆いた。

関連項目[編集]