藤原延子 (藤原顕光女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 延子(ふじわら の えんし/のぶこ、寛和元年(985年) - 寛仁3年4月10日1019年5月17日))は平安時代中期の女性。左大臣藤原顕光の次女。母は村上天皇皇女・盛子内親王敦明親王(小一条院)妃。堀河女御といわれた。同母兄姉に重家元子一条天皇女御)がいる。

生涯[編集]

三条天皇の第一皇子である敦明親王と婚姻し、敦貞親王敦昌親王、栄子内親王の二男一女をもうけた。

長和5年(1016年後一条天皇の即位により、敦明親王は皇太子にたてられるも、寛仁元年(1017年)皇太子を辞退、小一条院となった。これにより自らの孫である敦良親王(のちの後朱雀天皇)を皇太子につけることができた藤原道長は、小一条院を娘寛子の婿として迎え、厚遇した。小一条院は寛子の住む高松殿に移り、堀河殿の延子のことを顧みなくなり、延子は悲嘆のあまり健康を損ね、寛仁3年(1019年)寂しく世を去った。

小一条院が東宮を辞退した時、延子は悲しんで「雲ゐまでたち上るべき煙かと見えし思ひのほかにもあるかな」と詠んだ。

参考文献[編集]

  • 角田文衛『承香殿の女御』中央公論社(中公新書)、1963年
  • 保坂弘司『大鏡 全現代語訳』講談社(講談社学術文庫)、1981年