薩摩堀川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薩摩堀川(さつまぼりがわ)は、かつて大阪府大阪市を流れていた運河

地理[編集]

阿波堀川の岡崎橋下流側より南へ分流し、途中で西へ向きを変えて百間堀川に注いでいた。長さは約840m。現在の西区西本町3丁目付近からあみだ池筋の西側を南へ、立売堀4丁目の阿波座下通との交点付近から西へ流れていた。西端付近は中央大通の一部になっている。

歴史[編集]

大坂天満組惣年寄を務めた薩摩屋仁兵衛によって1628年寛永5年)に開削工事が開始され、1630年(寛永7年)に完成した。黒砂糖琉球表など南国の物産を扱う薩摩問屋が7軒あり、薩摩国商船の出入りが多かった。

架かっていた橋[編集]

上流から

  • 鳴戸橋
  • 薩摩橋 - 中央大通
  • 広教橋
  • 中筋橋
  • 島津橋
  • 江東橋

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』(角川書店、1983年)