阿波堀川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿波堀川(あわぼりがわ)は、かつて大阪府大阪市を流れていた運河。阿波座堀川とも呼ばれた。

地理[編集]

西横堀川の信濃橋下流側より分流し、西に向かって流れて百間堀川に注いでいた。長さは約1.1km。現在の西区西本町のうち、本町通 - 阿波堀通間にあたる。

歴史[編集]

浪速百景 解舟町 幸橋から阿波堀川南岸の奈良屋町を描いた風景

下船場で最初に開削された人工の堀川で、北岸に本町通が通る。

架かっていた橋[編集]

上流から[1]

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』(角川書店、1983年)

脚注[編集]

  1. ^ 玉山岡田 『増修改正摂州大阪地図』、1806年、1頁https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/ImageView/2321315100/2321315100100010/903-180-00-01/ 

関連項目[編集]