蕭宝貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蕭 宝貞(蕭寶貞、しょう ほうてい、生年不詳 - 502年)は、南朝斉皇族。桂陽王。明帝蕭鸞の十一男。

経歴[編集]

蕭鸞と許淑媛のあいだの子として生まれた。500年永元2年)5月、中護軍・北中郎将となり、領石頭戍事をつとめた。502年中興2年)3月、謀反の罪で処刑された。

伝記資料[編集]