蒲池豊庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蒲池 豊庵(かまち ほうあん、生没年不明)は、江戸時代中期の武士。久留米藩郷士朽網宗常の子。蒲池豊卓、朽網豊庵とも。

豊庵は、蒲池氏第17代の蒲池鎮漣の娘蒲池徳子の曾孫にあたり、祖父鎮明が継いだ蒲池姓を名のり、蒲池一族の歴史として『蒲池物語』を著した。子は朽網洞摩で、朽網氏に復姓している。