萩原眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萩原 眞(はぎわら まこと、1857年 - 1925年9月15日)は、日本人の実業家[1]庭師[2]フォーチュン・クッキーを作ったという説がある[3]

経歴[編集]

山梨県東山梨郡平等村に生まれる[4]。家は農業の傍ら製糸業を営んでいた[4]。15歳の時父親が他界したため業を継ぐが、その後明治12年(1879年)にサンフランシスコに渡る[4]

明治21年(1888年)にサンフランシスコの中華街の一角に「大和屋」という料理屋を開業し[4][5][6]、対岸のオークランドにも料理屋を開くが失敗する[4]

ゴールデン・ゲート・パーク内でミッド・ウィンタース博覧会が開かれた際、喫茶店の出店を申請し許可され、評判が良かったため博覧会が終了した後も公園課の希望によって存続されることになった[4]。また1894年、同公園内に日本庭園を築き[5][6]、その土地に居住を許され没するまでそこに暮らした[3]。萩原家は庭園を訪ねる観光客に煎茶と数種の瓦煎餅を販売しており、そのうちの一つは占い入り、つまりフォーチュン・クッキーだった[3]。また1907年にはグアテマラの大統領から委嘱され同国の政庁と官舎の中間に日本流の庭園を築いている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 起源は辻占 AKB曲名「フォーチュンクッキー」”. 47NEWS. 2015年12月9日閲覧。
  2. ^ あの「フォーチュンクッキー」の正体は、実は金沢の郷土菓子だった!”. livedoor NEWS. 2015年12月9日閲覧。
  3. ^ a b c 中町泰子「日系チャプスイレストランにおけるフォーチュンクッキーの受容」、『年報 非文字資料研究』第5巻、2009年3月20日、 p185。
  4. ^ a b c d e f g 廣瀬守令 『在米甲州人奮闘五十年史』、1934年、p163-p167。
  5. ^ a b 山梨日日新聞社 『山梨百科事典』、1989年、p741。
  6. ^ a b 東京オリンピック郷土訪問海外県人歓迎委員会 『山梨県海外移住史』、1848年、p9。

関連項目[編集]