菱川師秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菱川 師秀(ひしかわ もろひで、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

菱川師宣の門人。作画期は元禄の頃とされ、肉筆画の作が残る。画風は師宣の様式を基調にした人物の表現に特色を見せる。「美人化粧図」と「化粧美人図」はともに同様の画題で、「化粧美人図」の画風には岩佐又兵衛を偲ばせるものがあるといわれている。

作品[編集]

  • 「鏡台美人図」 絹本着色 ※「日本繪菱川師秀筆」の落款あり。『浮世絵大成』第二巻掲載
  • 「化粧美人図」 絹本着色 日本浮世絵博物館所蔵 ※「日本繪菱川師秀筆」の落款、「菱川□□」の印あり
  • 「美人化粧図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵 ※「日本繪菱川師秀筆」の落款、白文円印あり

参考文献[編集]

  • 東方書院編 『浮世絵大成』(第二巻) 東方書院、1931年
  • 日本浮世絵博物館編 『肉筆浮世絵撰集 解説』 学習研究社、1985年 ※16頁
  • 『肉筆浮世絵名品展』 浮世絵太田記念美術館、1985年 ※107頁