菅田彰人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅田 彰人(すがた あきと、1957年11月17日 - )は、日本競輪選手会宮城支部に在籍した元競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第47期生。

来歴[編集]

菅田順和(36期、引退)は実兄、菅田壱道(91期)と菅田謙仁(109期)は実子、菅田和宏(88期)は甥、菅田賀子(104期)は姪、という競輪一家。

仙台市立仙台商業高等学校時代の1975年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会大宮競輪場)の1kmタイムトライアル(以下、1kmTT)で優勝[1]。また、1974年国民体育大会取手競輪場)の同種目でも優勝。

その後日本大学に進み、1977年全日本大学対抗選手権自転車競技大会(インターカレッジ)・1km速度競走で優勝、1979年全日本アマチュア自転車競技選手権大会では、1kmTTで優勝した。

競輪学校での在校競走成績は116戦80勝。

1981年4月25日いわき平競輪場でデビューし初勝利を挙げた。1982年頃〜1990年頃まで、特別競輪(現在のGI)に常時出場していたが、特筆すべき戦績は収めていない。

2013年12月26日、選手登録消除。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]