荒瀬牧彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒瀬 牧彦(あらせ まきひこ、1960年-)は、カンバーランド長老教会牧師。

上智大学法学部卒業、東京神学大学大学院修士課程修了、メンフィス神学校留学。

カンバーランド長老キリスト教会めぐみ教会を牧会キリスト新聞社の季刊誌Ministryに連載[1]

ホメオパシーを信奉する女性に病院受診をすすめていたが、この女性が医療を拒み2010年5月にガンで死亡したため、めぐみ教会内に「「あかつき」問題を憂慮する会」を設立し、ホメオパシーの問題を指摘している。 [2]

脚注[編集]

  1. ^ リソースとアイディア分かち合おう
  2. ^ 代替療法ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常医療拒む2010年8月11日5時46分朝日新聞社

著書[編集]

  • 『神に呼ばれて——召命から献身へ』共著 日本キリスト教団出版局
  • 『教会暦による説教集第3巻 聖霊の降臨——使徒の働き・初期教会の歩み』共著 キリスト新聞社

外部リンク[編集]