荒木光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 光太郎(あらき みつたろう、1894年5月18日 - 1951年9月29日)は、日本の経済学者である。東京出身。荒木十畝の息子。

1927年東京帝国大学農科大学(東京大学農学部)の教授に就任。1938年から1939年まで2年間でベルリンの日独文化協会長を務めた。

著作[編集]

  • 『墺太利学派経済学』、1929年
  • 『貨幣制度概説』、1933年
  • 『現代貨幣問題』、1935年
  • 『貨幣概論』、1936年
  • 『動揺期の金融学説』、1938年
  • 『貨幣与物価』、1942年