荒木一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒木 一成
生誕1961年????
国籍日本
職業原型師
活動期間1980年代 -
配偶者あり(1989年 - )
子供2人
公式サイト公式ウェブサイト

荒木 一成(あらき かずなり、1961年[1][2] - )は、恐竜造形家大阪府[1]寝屋川市出身[2]

来歴[編集]

大阪府立南寝屋川高等学校明治鍼灸短期大学卒業[2]。短期大学卒業後は大阪市内の鍼灸院で働いたのち、1985年から2006年まで枚方市内の病院に勤務していた[2]1989年に結婚し、2人の男子をもうけている[2]

恐竜造形の第一人者として1980年代より数々の恐竜復元模型を製作する。学術的な考証に基づいた精緻な模型を手がける。手がけた模型は国内外の博物館に収蔵される[3]。また、モデルグラフィックス等の模型雑誌に寄稿するなど執筆活動も手がける。30余年の間に手がけた作品数は750作以上にのぼる。

著作[編集]

  • 筋肉からつくる!恐竜ねんど (造形活動に役立つ恐竜の世界)
  • 骨からえがく!恐竜スケッチ (造形活動に役立つ恐竜の世界)
  • ぼくは恐竜造形家
  • きょうりゅう (あそびのおうさまずかん)
  • 恐竜学ノート―恐竜造形家・荒木一成のこうすればかっこうよく作れる恐竜模型
  • 恐竜100 (どうぶつアルバム)
  • 恐竜と大むかしのいきもの100 (どうぶつアルバム)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 荒木一成|プロフィール”. HMV&BOOKS online. 2019年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 荒木 一成のプロフィール”. 荒木一成の恐竜模型の世界. 2019年4月19日閲覧。
  3. ^ 同時開催企画展「荒木一成の恐竜模型の世界」2006, https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/special/ediacara/dinomodel.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]