荒城啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒城 啓介(あらき けいすけ、1974年10月12日 - )は、北海道苫小牧市出身のアイスホッケー選手・監督である。ポジションはフォワード。ライトハンド。O型。170cm、77kg。

来歴[編集]

苫小牧市立和光中学校駒澤大学附属苫小牧高校から明治大学に進学、大学4年次にはインカレで決勝に進出したが延長の末、ペナルティショットをポストに当てて失敗、チームは準優勝に終わった[1]。1997年に古河電工アイスホッケー部に加入、2シーズン目の第33回日本アイスホッケーリーグ(1998/99シーズン)で初ゴールをあげた[1]。2001/02シーズンにはレギュラーとなったが左ヒザ靭帯を損傷し5試合の出場に終わった[1]

古河電工アイスホッケー部がHC日光アイスバックスとしてクラブ化された後、チームの牽引役として活躍を見せた。

2003年、選手兼任で運営会社社長に就任。2004年引退。

2005年退社。ゼビオに入社し、福島県代表を率いて全日本選手権に出場。

2008年、東北フリーブレイズを発足。社長・ゼネラルマネージャー・監督・選手を兼任する。

2011年、チャイナドラゴンの監督に就任する。

2012年、中国代表監督を兼任する[2]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』206頁 日本アイスホッケー連盟 2001年
  2. ^ チャイナドラゴン・荒城監督が中国代表も指揮

関連項目[編集]