茶色の小瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリジナルの楽譜表紙(1869年)

茶色の小瓶(ちゃいろのこびん 英語: Little Brown Jug)とはアメリカ合衆国フィラデルフィア出身の音楽家、ジョセフ・ウィナー(Joseph Winner、1837年 - 1918年)が自身のミドルネームであるイーストバーン (Eastburn) の名で1869年に発表した楽曲である。

当初は酒席の歌として歌われたもので、20世紀初頭には民謡とされた。禁酒法の時代にはの登場する他の楽曲同様、新たな人気を獲得した。1939年グレン・ミラースウィング・ジャズのアレンジを加えインストゥルメンタルとして演奏したものが大成功をおさめた。アメリカのビッグバンド時代にも人気を博し、以降ジャズスタンダード・ナンバーとして知られるようになった。

茶色の小瓶とは本来、洋酒の瓶を指す。オリジナルの歌詞には「彼女はジンが、僕はラムが大好き (She loves gin and I love rum)」という部分があり、生活に困窮しても飲酒をやめないアルコール依存症の夫婦の様子を歌った歌である。しかしながら、その明るく陽気なメロディから子供向けに改作した歌詞でも歌われ幅広い層に親しまれている。