英雄広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯47度30分54秒 東経19度4分40秒 / 北緯47.51500度 東経19.07778度 / 47.51500; 19.07778

英雄広場
ブダペスト地下鉄1号線トンネルの出口、後ろに見えるのが英雄広場、1896年

英雄広場(えいゆうひろば、ハンガリー語: Hősök tere)は、ハンガリーブダペストにある広場

概要[編集]

アンドラーシ通りの突き当たりに位置しており、通りを臨むとセルビア大使館が見える。また、ヴァーロシュリゲットの中にあり、広場の左側にはブダペスト西洋美術館が、右側にはブダペスト現代美術館が位置している。また、ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通りの一部として世界遺産に登録されている。

地下にはブダペスト地下鉄1号線英雄広場駅がある。

[編集]

英雄広場の中央には聖イシュトヴァーンの王冠大主教十字を握っているガブリエルを戴く柱がある。また、左右七つずつの像の建立場所があり、建設当初、九部族の英雄の像を右から作っていった。当時のハンガリーはオーストリア=ハンガリー帝国であったので、残りの五つの場所はハプスブルク朝の人々の像が建てられた。しかし、第二次世界大戦で像が被害を受けると、ハプスブルク朝の人々の像は現在の像に取って代られた。以下に像の置かれている人物名を列挙する。

左側[編集]

かつての像[編集]

右側[編集]

歴史[編集]

画像[編集]

[編集]

英雄広場の建物[編集]

参考文献[編集]

  • Hajós, György, Heroes' Square, Municipality of Budapest (2001)
  • Gerő, András, Heroes' Square Budapest, Corvina (1990)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]