英葡永久同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

英葡永久同盟(えいぽえいきゅうどうめい、:Anglo-Portuguese Alliance, :Aliança Luso-Britânica)は、イングランド(現イギリス)とポルトガルの間で1373年に結ばれ、現在まで続く世界最古の同盟

この同盟は中世にまで遡り、両国の歴史を通じて重要な意義を持つ。19世紀半島戦争の際にもこの同盟に従って、イギリスはイベリア半島に出兵した。

歴史[編集]

中世[編集]

ジョアン1世とフィリッパの婚礼

イングランドによるポルトガルアヴィス朝への協力関係は、以後600年以上にわたってポルトガルの外交政策の基礎を方向付けるものとなった。1386年5月、ウィンザー条約によって1294年に始まった同盟関係が正式なものとなり、ポルトガルのアルジュバロータにおいてこの2国間の永久友好条約が確認された。

翌1387年、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントエドワード3世の子でヘンリー4世の父)はポルトガルの援助を受け、遠征軍を率いてガリシアへ上陸した。カスティーリャ王位の獲得がその目的であったが果たせず、ジョン・オブ・ゴーントは賠償金を得て帰国した。同盟の証として、ジョン・オブ・ゴーントは娘フィリッパをポルトガル王ジョアン1世へ嫁がせた。この結婚によってジョアン1世がもうけたのが、ポルトガルの黄金時代へと続く大航海時代で活躍する王子たちであった。詩人ルイス・デ・カモンイスは彼らを「奇跡の世代」と評した。

フィリッパはイングランド風の伝統を宮廷に持ち込み、貴族の教育を子供たちに与えた。彼女自身も優れた資質を持っており、宮廷を改革し、道徳的振る舞いの厳密な規律を強いた。また、イングランドとポルトガルの貿易も振興した。王子ドゥアルテは1433年に王位につき、ペドロは1438年のドゥアルテの死後摂政となった。フェルナンドは十字軍騎士として1437年のタンジール攻略に参加した。そして航海王子として知られるエンリケキリスト騎士団総長となり、大航海時代の基礎を築いた。

17世紀から19世紀[編集]

英葡永久同盟に関する重要な出来事は以下の通りである。

20世紀[編集]

20世紀には、同盟は何度も使用された。

現代における重要性[編集]

今日、両国はヨーロッパ連合NATOの参加国であり、両国の関係は英葡永久同盟を形成する多くの条約や条項によってではなく、これらの国際機関を通じて調整されている。

関連項目[編集]