花田内匠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花田 内匠(はなだ たくみ、生没年不詳)とは、江戸時代初期の浮世絵師

貞享4年(1687年)に刊行された『男色大鑑』(井原西鶴著)の第五巻「思ひの焼付は火打石売」に、「承応元年…浮世絵の名人花田内匠といへる者、美筆をつくしける」とあるが、実在の人物かどうかは未詳である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]