舘鼻則孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たてはな のりたか
舘鼻 則孝
Photo by GION
生誕 (1985-06-14) 1985年6月14日(34歳)
日本の旗 日本東京都
教育 東京藝術大学卒業
著名な実績 ファッションデザイナー
現代美術家
公式サイト http://noritakatatehana.com

舘鼻 則孝(たてはな のりたか、Noritaka Tatehana1985年6月14日 - )は日本ファッションデザイナーである。ファッションブランド NORITAKA TATEHANA のクリエイティブディレクターを務める。 花魁の履く下駄をモチーフとした踵の無いヒールレスシューズの作者として知られる。

人物[編集]

1985年、東京生まれ。歌舞伎町銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母親の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京藝術大学では絵画彫刻を学び後年は染織を専攻する。遊女に関する文化研究とともに日本の古典的な染色技法である友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。現在はアーティストとして、国内外の展覧会へ参加する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。[1]作品は、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。

経歴[編集]

  • 1985年 - 東京生まれ 鎌倉育ち
  • 2006年 - 東京藝術大学美術学部工芸科に入学、染織を専攻し友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。
  • 2010年 - 大学卒業とともに自身のファッションブランド「NORITAKA TATEHANA」を設立。自らのアプローチによりレディー・ガガの専属シューメイカーとなる。[2]F/W 2010-11コレクションがニューヨークの服飾美術館Museum at FITに永久収蔵される。ジャパンファッションウィークに初参加。ニューヨークの服飾美術館 Museum at FIT での「JAPAN FASHION NOW」展へ出品される。
  • 2011年 - Dom Pérignonとのコラボレーションによるシークレットイベント「Rosé Wild Night」を東京で開催。COMME des GARÇONSのコンセプトショップ「TRADING MUSEUM COMME des GARÇONS」でのエクスクルーシヴコレクションの展開を開始。COMME des GARÇONS 東京、パリ、ロンドンの世界三地点での作品展を同時開催。ニューヨークの服飾美術館 Museum at FIT での「DAPHNE GUINNESS EXHIBITION」展へ出品される。ニューヨークの高級デパートBarney's New York本店でのクリスマスイベント「GAGA’ s workshop」へ参加。TRADING MUSEUM COMME des GARÇONS表参道店にてクリスマスコレクションを展開。
  • 2012年 - ニューヨークファッションウィークへ初参加。東京藝術大学在学中に制作した下駄がロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館に永久収蔵される。LADY GAGAのために初めて作った靴である「Night Makers」が京都服飾文化研究財団に永久収蔵される。東京都現代美術館での「Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion」展へ出品される。ロンドンにて開催されたクリスティーズ主宰のオークション「Daphne Guinness Collection」に参加 102 品中 9 位の落札額を記録。南青山のアトリエにて2012-13年のコレクションを発表。COMME des GARÇONSソウル店にて作品展を開催。
  • 2013年 - レディー・ガガからの依頼で制作したバレエシューズがニューヨークの服飾美術館Museum at FITに永久収蔵される。フォトグラファーニック・ナイト主催「SHOWstudio」での「DAPHNE GUINNESS」展に出品される。ニューヨークの服飾美術館 The Museum at FITでの「Shoe Obsession」展へ出品される。シアトルのSeattle Art Museumでの「Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion」展へ京都服飾文化研究財団収蔵作品が出品される。オランダで開催された「Arnhem MoBA 2013」での「Fetishism in Fashion」展へ出品される。
  • 2014年 - TRADING MUSEUM COMME des GARÇONS Tokyoにてインスレーション形式の展示会を開催。21_21 DESIGN SIGHTでの「イメージメーカー」展にJean-Paul Goudeデヴィッド・リンチ等と共に参加。[3]フォトグラファーニック・ナイト主催のSHOW STUDIO Londonでのソロの展覧会を開催。ヒールレスシューズのCrystal RoseがMuseum at F.I.T NYに、Junk Silverがメトロポリタン美術館に永久収蔵される。TOMIO KOYAMA GALLERYで個展を開催。
  • 2015年 - IRIS VAN HERPENとのコラボレーション作品がParis Fashion Week F/W 2015-16 で披露されるヴィクトリア&アルバート博物館での「SHOES: Pleasure and Pain」展へ出品される。MoMU / Mode Museum Provincie Antwerpen での「Foot Print」展へ出品される。HIGH MUSEUM OF ART ATLANTA での「IRIS VAN HERPEN」展へ出品される。同年ヴィクトリア&アルバート博物館でのアーティストカンファレンスにも出席する。旧細川侯爵邸和敬塾本館にて一夜限りの個展を開催。[4]
  • 2016年 - パリのカルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の公演の初監督を務める

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]