自主ギャラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自主ギャラリー(「自主運営ギャラリー」ともいう)とは、企業などの支援ではなく、個人、もしくは少数の同人などによって運営されるギャラリーを指す。

特に、カメラメーカー、フィルムメーカーなどがギャラリーを運営し、その発表の場になっている写真業界において、これらのメーカー系のギャラリーに対して、独立した表現の場を求める写真家、写真評論家によって作られたギャラリーが少なくない。

最近[いつ?]では新宿から四谷にかけて、数多くの自主写真ギャラリーで賑わっている。

写真家、写真評論家によって作られたこれらのギャラリーではワークショップが行われることが多く、利用者とのあいだにある種の師弟関係が生じ、派閥のようなものも存在する。これらの派閥は写真史等の研究上、重要である。

又、銀座中心だった美術ギャラリー(特に現代美術)が、東京都内の広範囲の場所に分散する傾向にある。

現在活動中の自主ギャラリー[編集]

フォトギャラリー[編集]

現代美術ギャラリー[編集]

すでに閉鎖された自主ギャラリー[編集]

フォトギャラリー[編集]

現代美術ギャラリー[編集]

(※)設立時のメンバーの中心であって、必ずしもメンバーの全てではない。以下同じ。